第2回 パラリンピック選手の競技環境 その意識と実態調査

ニュースリリース

  • 社会的支援の仕組みも増えているが選手側の費用負担感は減っていない
  • 選手個人で約144万円の平均年間費用負担(金額は推計値)
  • 選手自身に「プロのアスリート」としての意識の広がりがみられる
  • 各競技団体の組織基盤強化への要望が高まる
  • 85%以上の選手が2020年東京オリンピック・パラリンピック招致に賛成

第2回 パラリンピック選手の競技環境 その意識と実態調査 ニュースリリース
第2回競技環境調査リリース.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 631.9 KB

報告書

  1. パラリンピック選手に聞く練習の状況(時間・場所・費用)
  2. パラリンピック選手をとりまく環境
  3. パラリンピック選手による競技環境に対する意識
  4. パラリンピック選手による社会へのコミットメント
  5. パラリンピックコーチ・スタッフに聞くサポートの状況(役割・時間・場所・費用)
  6. パラリンピックコーチ・スタッフによる競技環境への課題・意識

第2回 パラリンピック選手の競技環境 その意識と実態調査 報告書
第2回競技環境調査報告書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 924.1 KB